2017年 05月 09日 ( 4 )

アスファルトシングル屋根の補修

f0036736_15221196.jpg

f0036736_15025094.jpg
f0036736_15025554.jpg
数年前に竣工したお宅の方から屋根の雪下ろしをした際に屋根材を痛めてしまったとのお話しがありその補修をしました。まずは傷んだ部分に専用のアスファルト補修接着剤を塗りその上に新しい材料を被せて接着させて完了です、今回は棟部材でしたので上から被せましたが通常の葺き材の場合は傷んだものを抜いて新しい材料に入れ替えます、いずれにしても部分補修が可能です。*今回は豪雪地域の為に年に1回程度屋根の雪降ろしをされるお宅ですしたが150CM程度の積雪に耐える計算で屋根を作っていますので通常は雪下ろしの必要はございません、アスファルトシングル材は今回のような外的な要因が無ければ30年以上の耐久性能がありますが心配な方は点検いたしますのでご連絡ください。
by daiku-fujii | 2017-05-09 15:20 | アフターフォロー | Comments(0)

基礎工事開始

f0036736_15024177.jpg
今日から基礎工事が始まりました、まずは掘削地盤表面の草をすき取って表土だけにしてから根掘りを始めます。
by daiku-fujii | 2017-05-09 15:12 | 2017東川新栄の家 | Comments(0)

モルタル下塗り

f0036736_15023429.jpg
モルタル壁の下塗り作業がはじまりました。下塗りは色も入れません、モルタルをラスになじませて荒く塗っています、ある程度硬化乾燥するまで時間を空けてからから仕上げ塗りをします。
by daiku-fujii | 2017-05-09 15:09 | 2017神居の家 | Comments(0)

サッシ周辺の断熱材

f0036736_15023884.jpg
引き続きモルタル壁下地の小幅板を打っていますが、サッシの周辺には30mm厚ほどの断熱材で覆っています、これはサッシ枠材の結露を防ぐのが目的です、サッシ自体にももちろん断熱性能はありますがその外側を断熱材で覆うことで更にサッシ枠の温度低下を防ぎ結露の予防になります、これも300mm壁断熱仕様のサッシを壁中央に設置するスタイルがゆえにできることです。
by daiku-fujii | 2017-05-09 15:06 | 2017東光の家 | Comments(0)