カテゴリ:2017神居の家( 100 )

テラコッタタイル

f0036736_14401257.jpg
水回りの脱衣室などはテラコッタタイルを張ります、厚い床合板が下地なので接着剤で直接張ることができますが床下点検口の蓋の部分の加工はなかなか大変です。
by daiku-fujii | 2017-05-27 14:46 | 2017神居の家 | Comments(0)

防雪柵2

f0036736_16323542.jpg
f0036736_16323160.jpg
防雪柵の柱は90mm角のカラマツ柱です、土に埋まっているのは昨日打ち込んだメッキした鉄骨なので腐ることなく長持ちする仕掛けです。板もウッドデッキに敷くのと同じ30mm以上の厚みがあるので10年以上確実に持ちます、たぶん20年以上持つと思います。木材でも腐る原因を取り除いていけばかなり耐久性があるはずです、控えの土に打ち込む杭も鉄骨です。数年すれば多少壊れる部分はあるかもしれませんがその経験を活かし改善しながらその部分だけ修理して長く使える自然な素材の外構のしつらえをご提案していきたいと考えています。
by daiku-fujii | 2017-05-26 16:42 | 2017神居の家 | Comments(0)

防雪柵

f0036736_14530845.jpg
屋根に太陽光パネルを載せているのでお隣の敷地に雪が行かないように配置計画をしますが若干距離が足りなかったので防雪柵を作ります、直接屋根の雪が当たることはないので木製で作るのですが土に接する根元は錆びにくいメッキされた鉄骨を穴に埋めて固定します、大体は穴掘り専用の機械で掘れるのですが大きな石に当たる場合は手で掘ることになります。
by daiku-fujii | 2017-05-25 15:00 | 2017神居の家 | Comments(0)

換気ダクト

f0036736_17245274.jpg
天井に熱交換ダクトの通り道の下地を作りその中に断熱ダクトを設備屋さんに通してもらってから石膏ボードで塞ぎます。熱交換換気装置は吸気も排気もダクトを使って新鮮空気を室内にまんべんなく届けるのでロスなく空気が届くように太いダクトなのでその配管経路はなるべく天井を高く保てるようにしながら見た目もよくなるように考えて施工します。
by daiku-fujii | 2017-05-24 17:38 | 2017神居の家 | Comments(0)

床下暖房機のスリット

f0036736_15125336.jpg
暖房器は床下に設置します、フローリングの床には暖房器の真上にスリットを設けて暖気が上がってくるようにしますが畳の部屋の場合は部屋の端の方を板畳にしてスリットを空けるようにしています。
by daiku-fujii | 2017-05-23 15:15 | 2017神居の家 | Comments(0)

手スリ

f0036736_16533408.jpg
階段の転落防止手すりが半分出来ました。縦格子がきれいに並びます。
by daiku-fujii | 2017-05-22 16:54 | 2017神居の家 | Comments(0)

階段手摺取り付け1

f0036736_16175395.jpg
現場で磨いて加工した手摺材の階段ホールへの取り付けです、安全にかかわることなのでしっかりと固定します。右側は工事中の安全確保の為に合板を立て掛けています。
by daiku-fujii | 2017-05-19 16:20 | 2017神居の家 | Comments(0)

手すり材加工

f0036736_1151453.jpg



吹き抜け等の転落防止柵用の木材を綺麗に磨き、角をとっています。
by daiku-fujii | 2017-05-18 11:51 | 2017神居の家 | Comments(0)

棚の相談

f0036736_16181572.jpg
収納の棚の高さや位置、奥行などは図面上では分かりにくいのである程度間仕切り壁などができてきてから現場でお客様が大工に相談しながら細部を決めて作ります。
by daiku-fujii | 2017-05-17 16:22 | 2017神居の家 | Comments(0)

ガス管接続工事(舗装仕上げ)

f0036736_17090782.jpg
道路をまたいでガス管や上下水道管を住宅に接続するのですが、道路の舗装をやり直す際に掘削後すぐに舗装をしてからしばらく間をあけて仕上げの舗装をすることで沈下の影響をなくし今までの道路と変わらない状態に戻します。
by daiku-fujii | 2017-05-16 17:12 | 2017神居の家 | Comments(0)