カテゴリ:2017東光の家( 60 )

唐松外壁

f0036736_14400834.jpg
窓上の水切り板金加工もしてもらい早速板金立ちあがりに被せるように唐松板を張り始めています。
by daiku-fujii | 2017-05-27 14:47 | 2017東光の家 | Comments(0)

唐松外壁は窓まわりから

f0036736_16324093.jpg
2階の外壁は唐松板はりです、まずは窓回りを幅広の板で囲って上部分は板金で水切り加工をしてから板を張りだします。
by daiku-fujii | 2017-05-26 16:34 | 2017東光の家 | Comments(0)

モルタル壁のラス金網

f0036736_14531234.jpg
1階の壁はモルタル壁になります、防水紙とモルタルの強度と付をよくする為のラス金物を壁全体に張ります。窓の水切り板金部分は入念に養生をしてもらいました。
by daiku-fujii | 2017-05-25 15:02 | 2017東光の家 | Comments(0)

軒天スレート塗装

f0036736_17245687.jpg
軒天は防火の目的で耐熱のスレート板を張ります、もともと白い材料ですがより綺麗に仕上げる為に白のペンキで塗装します。外壁を張る前に塗装することで養生や板の凸凹に関係なく塗れるのでとても手間が省けます、大工さんと工程を緊密に連絡しあいながら施工することで無駄のない施工ができます。
by daiku-fujii | 2017-05-24 17:32 | 2017東光の家 | Comments(0)

ロフトの天井裏

f0036736_15130082.jpg
ロフトの天井高さは1400mmまでの規定があるのでそこで天井を上げますが断熱と気密は屋根の天辺まで連続して施工しています。気密シートがたわんで隙間風が入ったりしなように天井裏も石膏ボードや板で留めておきます。
by daiku-fujii | 2017-05-23 15:17 | 2017東光の家 | Comments(0)

ダウンライトの気密BOX

f0036736_16533070.jpg
2階の天井には屋根の勾配どおりになりますがそこにダウンライトがいくつか付きます。ダウンライトの機器自体の気密性能はそれほど信用できるものではないので予めダウンライト設置部分に気密BOXを埋め込んでおきます。
by daiku-fujii | 2017-05-22 16:57 | 2017東光の家 | Comments(0)

ロフトフローリング

f0036736_11451884.jpg
ロフトの床は松材の温かみのある素材を使います、30mmの厚手の材料を使うことで下地合板を省くことができます。少し柔らかい材料なのでリビングなどでは傷が付くのでお勧めできませんがロフトならば問題ありません。
by daiku-fujii | 2017-05-20 11:50 | 2017東光の家 | Comments(0)

手すり 上下横棒

f0036736_11452536.jpg
昨日から始めた手すり施工ですが、まずは縦格子を留めつけるための横棒を柱に彫り込んでしっかりと固定します。
by daiku-fujii | 2017-05-20 11:46 | 2017東光の家 | Comments(0)

天井下地

f0036736_16175768.jpg
天井はなるべく構造材を梁が見えるように高く設置しますが、換気ダクトを通す場所だけを少し低くしたりもします。
by daiku-fujii | 2017-05-19 16:21 | 2017東光の家 | Comments(0)

天井下地

f0036736_1148586.jpg



屋根の断熱と電気配線が完了し、屋根面にそって天井石膏ボードを張る下地材を取り付けています。
by daiku-fujii | 2017-05-18 11:48 | 2017東光の家 | Comments(0)