軒天井スレート

f0036736_1341373.jpg



屋根の軒先天井は近隣からの火災が最も燃え移りやすい場所なので防火素材のスレート板をはります。
# by daiku-fujii | 2017-05-12 13:41 | 2017東光の家 | Comments(0)

壁穴の補修

f0036736_13541193.jpg
f0036736_13541547.jpg
f0036736_13542034.jpg
f0036736_13542481.jpg
大型犬の居るお宅です。壁に穴が開いてしまったので補修の仕方をお伝えしてきました。①穴の周りを四角く切る②穴の端に木片を内側に入れて下地として既存の石膏ボードとビス止めしておく③穴に合った大きさの石膏ボードを入れて下地をビス止めする⓸穴の周辺にグラスファーバーメッシュを貼る⑤パテを練って塗る⑥珪藻土等の仕上げ塗り材を塗って仕上げる今回は⑤までお伝えしてきました、⑥はパテが硬化してからなので後程の工程となります。以上の要領です、簡単なのでどなたでもできます、自身の無い方当社で施工させていただくこともできます。*壁の石膏ボードは厚手のものを使用していますので通常は穴が開くことはございません。
*300mm壁断熱のお宅なので防湿気密シートは壁外側に貼ってあるので室内側にはシートはございません。


# by daiku-fujii | 2017-05-11 14:12 | アフターフォロー | Comments(0)

唐松外壁の下地

f0036736_13542760.jpg
2階の外壁は唐松板張りです、縦に張るのでその下地は横です、通気層は縦に作ってあるので通気層の上に横の下地を作ります、屋根との境には壁内部に300mmほど防水板金を立ち上げてから下地を作ります。
# by daiku-fujii | 2017-05-11 14:01 | 2017東光の家 | Comments(0)

ロフト部分壁下地

f0036736_13543254.jpg
ロフトや吹き抜け上部は壁で塞ぐ部分とOPENにする部分があります。閉じるか開くかで雰囲気もずいぶん変わります。
# by daiku-fujii | 2017-05-11 13:58 | 2017神居の家 | Comments(0)

鉄筋組み1

f0036736_13543691.jpg
基礎の地盤の上に鉄筋を組み始めました。基礎底部と立ちあ上がりは別々に型枠を組んでコンクリート打設を行いますが鉄筋は一度に組み上げます。
# by daiku-fujii | 2017-05-11 13:56 | 2017東川新栄の家 | Comments(0)

やりかた

f0036736_17205820.jpg
基礎工事の開始は来月の予定ですが週末の地鎮祭の前にやり方を出して家と車庫の位置をテープで囲って敷地内の配置が良くわかるようにしておきました。
# by daiku-fujii | 2017-05-10 17:28 | 東川グレースヴィレッジの家 | Comments(0)

根ほり

f0036736_17210281.jpg
基礎ができる部分を掘って底面を土から砂利に置き換えてしっかりと転圧して道路のような地盤の上に基礎を作っていきます。
# by daiku-fujii | 2017-05-10 17:26 | 2017東川新栄の家 | Comments(0)

筋交い

f0036736_17210649.jpg


室内の間仕切り壁内部にも筋交いが結構入ります、構造計算をして地震や台風、大雪にもしっかりと耐えれるように作ります。
# by daiku-fujii | 2017-05-10 17:24 | 2017東光の家 | Comments(0)

2階下地造作

f0036736_17210940.jpg
2階の間仕切り壁等の下地造作が進んでいます。
# by daiku-fujii | 2017-05-10 17:22 | 2017神居の家 | Comments(0)

アスファルトシングル屋根の補修

f0036736_15221196.jpg

f0036736_15025094.jpg
f0036736_15025554.jpg
数年前に竣工したお宅の方から屋根の雪下ろしをした際に屋根材を痛めてしまったとのお話しがありその補修をしました。まずは傷んだ部分に専用のアスファルト補修接着剤を塗りその上に新しい材料を被せて接着させて完了です、今回は棟部材でしたので上から被せましたが通常の葺き材の場合は傷んだものを抜いて新しい材料に入れ替えます、いずれにしても部分補修が可能です。*今回は豪雪地域の為に年に1回程度屋根の雪降ろしをされるお宅ですしたが150CM程度の積雪に耐える計算で屋根を作っていますので通常は雪下ろしの必要はございません、アスファルトシングル材は今回のような外的な要因が無ければ30年以上の耐久性能がありますが心配な方は点検いたしますのでご連絡ください。
# by daiku-fujii | 2017-05-09 15:20 | アフターフォロー | Comments(0)